関節炎 グルコサミン コンドロイチン

「正しい関節炎サプリメントの選び方」

コンドロイチンとコラーゲンの関係

コンドロイチンとコラーゲンはどちらも、関節の健康を保つために大切な構成成分です。

軟骨をスポンジに例えてみましょう。

関節軟骨をスポンジに例えると

  • スポンジの外枠部分がコラーゲン
  • スポンジ部分がプロテオグリカン(コンドロイチン+ヒアルロン酸など)
  • スポンジの中の水分(滑液)がグルコサミン+水分

コンドロイチンは皮膚や軟骨に水分を補給するサポーターとして、コラーゲンを常に新鮮に保つ役割をもっています。

コラーゲンにも2種類あります

コラーゲンは内臓や血管などに存在し、網の目状になって細胞を支えています。

関節軟骨細胞

実はこのコラーゲンにも2つの種類があるのです。

  • I型コラーゲン (線維性)
    骨に大く含まれ、弾力性を与えています。皮膚の真皮にも非常に多く存在し、美しく張りのある肌を生み出します。
  • II型コラーゲン (線維性)
    主に軟骨に含まれるコラーゲンで、眼球の硝子体液の成分でもあります。

軟骨でプロテオグリカンと共にクッションの役割を果たすのは「II型コラーゲン」です。皮膚に含まれている「I型コラーゲン」とは別の種類なのです。

関節炎の場合は「II型コラーゲン」を摂取すると効果的です。