関節炎 グルコサミン コンドロイチン

「正しい関節炎サプリメントの選び方」

コンドロイチンの副作用

コンドロイチンは普通に食品から摂取することが出来る成分で、それ自体に副作用は殆どないと言われています。

しかし人によっては稀に皮ふの発疹、発赤、かゆみ、そして胃部不快感、下痢、悪心などを起こすことがあります。殆どの場合は食後に量を減らして摂取することで状況が改善され、継続した摂取が可能になります。

また大変僅かですが、眼圧亢進の例も報告されています。異常を感じた場合は、すぐに医師に相談しましょう。