関節炎 グルコサミン コンドロイチン

「正しい関節炎サプリメントの選び方」

グルコサミンの役割

グルコサミンはアミノ糖の一種で、軟骨を構成するムコ多糖類であるプロテオグリカンを作る成分です。

ムコ多糖とは体内で細胞に栄養を運んだり、細胞周りで水分 (体液) を蓄えている大切な物質です。人の体では皮膚や軟骨に多く存在しており、その優れた保湿力は美肌や関節炎症状の改善などに効果的です。

関節軟骨細胞

グルコサミンは軟骨を作る大事な成分

人は体内でグルコサミンを生成することができます。しかし加齢、肥満、運動不足などの要因でグルコサミン生成能力は衰えます。そうするとグルコサミンによる軟骨の新陳代謝が低下し、関節に痛みを感じるようになります。

グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻にあるキチンに多く含まれているので、これらを原料としたグルコサミンのサプリメントが、グルコサミン不足を効率的に補う方法として注目されています。