関節炎 グルコサミン コンドロイチン

「正しい関節炎サプリメントの選び方」

関節炎は軟骨を作って治す

関節炎は関節軟骨の摩耗が進行することで起こります。老化現象のひとつでもありますが、誰もが年齢とともに腰痛・関節痛・変形性膝関節症などになるわけではありません。

関節の痛みはシップ薬などで一時的に和らげることができますが、関節炎を根本的に治すには「すり減った軟骨、筋力、椎間板を再生させる」必要があります。

軟骨は「タイヤがすり減るようなもの」とよく例えられます。しかしすり減った軟骨は新陳代謝を促すことで、再生を促してあげることができるのです。

「役に立つ医学情報」というサイトによると…。

関節炎には抗炎症薬、鎮痛剤などが使われるが、これは病気の進行を止める治療法ではない。あくまで痛みを抑えるための物である。関節炎が進行してしまったら手術しかないが、これでも満足いく結果が得られるとは限らない。根本的な治療法は病院にいってもなかなか見つからないのが現状だ。サプリメントとしてグルコサミン、コンドロイチンについては研究結果が数多く発表されておりその作用についても科学的に解明されている。

ここでもやはり私が調べてみたり先生方から伺ったように、グルコサミンとコンドロイチンが関節炎の治療に有効だとしています。

関節炎にはグルコサミンとコンドロイチン

軟骨を再生するグルコサミンとコンドロイチン

調べてみると見聞きする全てが「関節炎にはグルコサミンとコンドロイチン」だと言っています。つまりこれらの成分が「関節炎の治療に有効」ということが確認できました。

ここで疑問

グルコサミンとコンドロイチンは両方摂取しないといけないのでしょうか?

グルコサミンとコンドロイチンの役割

グルコサミンとコンドロイチンは関節内での役割がそれぞれ別なのです!

関節の仕組み

図のように関節軟骨をスポンジに例えると、スポンジを形成する物質がコンドロイチン、その中に充満している水分(滑液)がグルコサミンというわけなのです。

つまりどちらか一方ではバランスの取れた治療法ではないのです。

グルコサミンとコンドロイチンの両方を摂取することで、関節内で摩耗した関節軟骨を再生、つまり関節炎の治療ができるのです。