関節炎 グルコサミン コンドロイチン

「正しい関節炎サプリメントの選び方」

関節軟骨のしくみと構成成分

関節とは文字通り「骨と骨のつなぎ目」です。骨と骨が接する部分は硬い骨同士が直接こすり合わないように「関節軟骨」で覆われいて、それがクッションの役割を果たしています。この軟骨の表面はとても滑らかにできており、腕や足などをスムーズに動かすことができます。

関節軟骨の構造

関節軟骨は主にプロテオグリカン(コンドロイチン+ヒアルロン酸など)、II型コラーゲン、軟骨細胞、グルコサミン、そして水分からできています。

関節軟骨細胞

ここで再び軟骨をスポンジに例えて考えてみましょう

関節軟骨をスポンジに例えると

  • スポンジの外枠部分がコラーゲン
  • スポンジ部分がプロテオグリカン(コンドロイチン+ヒアルロン酸など)
  • スポンジの中の水分(滑液)がグルコサミン+水分

関節が痛む原因は、関節軟骨 (クッション) が徐々にすり減ってしまい、骨と骨が直接こすれ合ってしまうためなのです。