グリスリンの安全性について

グリスリンは舞茸を原料とした天然成分なので副作用の心配はありません。
薬との併用も問題ないそうです。
アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)ではグリスリンを妊娠中に摂取しても安全と宣言しているそうです。
この様に安全が保証されているグリスリン。
益々グリスリンの可能性は広がっていきそうです。

私も一番気になったのがグリスリンの安全性
様々な日本の先生やアメリカの政府がその安全性を認め、多くの多嚢胞性卵巣症候群に悩んでいる方がこのグリスリンで改善し元気な赤ちゃんを産むことが出来たと聞き安心して飲んでいます

グリスリンだけでなく私達、特にこれから妊娠を希望している人、既に妊娠している人にとって安全なサプリメントは自分自身の為だけでなく生まれてくる赤ちゃんの為にも母親の責任としてしっかり吟味していきたいと思っています。

グリスリンの事でいろいろ調べていたところ「葉酸」についても気になる記事を見つけました。
葉酸には天然の葉酸と化学合成で作られた葉酸があるそうです。
化学合成の葉酸は石油を原料としているそうです。
妊娠後期に大量に化学葉酸を摂取すると喘息の子供が生まれる可能性があるとの事。
本当に安易にサプリメントを特に安いからといって購入するのは危険ですね。
ちなみに市場にあるのはほとんどが化学合成の葉酸だとか。。。。
天然の葉酸。もしくは出来ればオーガニックで天然の葉酸を探して飲んだほうが良いと先生も言っていました。
天然といってもオーガニックで無ければ農薬入りなので農薬入り天然葉酸が良いのか、
農薬の入っていない化学合成の葉酸が良いのか。
究極の選択。
オーガニック天然葉酸をお医者さんが勧める訳が判りますね。
ちなみにグリスリンは化学合成では出来ない成分だそうです。

グリスリンをきっかけに最近葉酸やその他のサプリに関していろいろ詳しくなりました。

 

このページの先頭へ